ニキビ予防のための洗顔方法とスキンケア

ニキビができているのを発見した瞬間というのは、一気に目が覚めますし、本当に暗い気持ちになりますよね。
そんな気持ちがすぐ去るためにも、そして、そんな気持ちを日頃からしないためにも、ここではニキビになった時とニキビ予防のための洗顔方法とスキンケアをご紹介します。

まず、洗顔方法です。
クレンジングオイルでもクレンジング用洗剤やせっけんであっても、必ず細かく泡を立てることが大事です。
実はクレンジングオイルも手のひらにつけて5分ほど泡立たせれば泡がたちます。
それが面倒だという方は、ちょっとでも早く泡が立つように泡立てネットを使いましょう。

ふわふわ状態になったクレンジング液を肌にこすりつけるのではなく押し付けます。
きめ細かい泡になっていますから、わざわざ肌にこすらずとも押し付けてあげるだけでその泡が肌の中に浸透するので、肌にダメージを与えないというだけではなく、実はこの方がメイクが落ちやすく、肌を清潔な状態にキープできるのです。

これを顔全体に行ってから、大体32度前後のぬるま湯で泡を落とすのですが、その際にもこすりつけるのではなく、顔にぬるま湯をかけるというような感じにしましょう。メイクが完全に落ちていなくても、洗顔フォームやせっけんを同じように泡立て、肌に押し付けてあげてからぬるま湯を同じようにかけてあげればきちんと洗顔ができます。

このような洗顔をすることで毛穴が広がらず肌の中に雑菌がはいりにくいですし、肌のきめ細かい状態をキープできます。

洗顔が終わってから5分以内に化粧水をすることも大事です。
実はニキビにとって重要なのは保湿をすることです。

できればお風呂から上がる直前のちょっとまだ肌に水分が残っている状態の所に化粧水をしてあげることで、肌の中まで水分を吸い込みやすくしますから、みずみずしい肌を保てるのです。

ただし、これだけではいけません。化粧水をした後には必ず油分で水分を肌に残すよう、それを閉じ込めてあげなければいけませんから、乳液をしましょう。

この乳液の塗り方は、ぎゅっと肌に押し付けるようにしてください。こうすることで乳液が肌の中までしっかりと浸透するので、閉じ込めた水分が肌から逃げにくくなるのです。

このようにニキビになった時とニキビ予防のためには、肌にダメージを与えないということと、肌に必要な水分をきちんと蓄えてあげるということが重要になるので、こういった洗顔とスキンケアをすると効果的です。