綺麗な背中になろう!背中ニキビの改善法

背中ニキビになってしまう原因ですが、少しだけ難しい話になってしまいますがなるべく簡単に説明します。

背中ニキビが出来てしまう主な原因として、マラセチア菌という菌がいます。このマラセチア菌は、外部からの菌に対抗してくれる良い菌なのですが、皮脂や湿った場所を好んで酸素を嫌うという側面を持っています。

そんなマラセチア菌は十数種類あると言われています。
中でもマラセチアファーファーという菌がいて、この菌は異物に対して過剰に反応してしまう習性を持っています。
つまり、これらが原因で背中ニキビが発生していると言っても過言ではないのです。

これらを踏まえた上で、背中ニキビの改善方法について述べていきたいと思います。

背中ニキビの対策

●清潔な衣類を身につける

先程も述べたように毛穴に侵入した異物によってマラセチア菌は反応してしまいます。
ですから、不衛生な衣服などを着ていても背中ニキビの原因となってしまうのです。
要はまめに洗濯した、清潔な衣類を着るように心がけましょう。

●天然素材の衣類を着る

他にも冬場になるとよく着る保温性の高い衣服なども背中ニキビの原因となっていまいます。
その理由としては、人工素材なので汗を吸収しません。
つまり、マラセチア菌の好む環境である『湿った場所』を作ることになるからです。

出来れば天然素材の中でもオーガニックコットンを使った物を身につけた方が効果的と言えるでしょう。
なければ綿や麻などで作られた衣服を身につけるようにしましょう。

●汗をかけばシャワーを浴びる

マラセチア菌は湿った場所を好む傾向にあるので、スポーツなどで汗をかいた時にはなるべく早くシャワーを浴びるようにしましょう。そうすることによって、背中ニキビが出来にくい環境を作り出すことが出来ます。

●ボディタオルを変えてみる

ボディタオルの多くはナイロンやポリエステルといった人工素材で作られていることが多いです。
これらで体を擦ると体を洗った爽快感が得られる上に、要らない角質を落としてくれます。
しかし、余計な皮脂も一緒にそぎ落してしまうので、体のバリア機能がうまく働かなくなってしまうのです。

これらで体を洗った時には体が乾燥して痒くなることもあると思います。
これは皮脂が足りないので外部からの刺激を受けている状態なのです。
ですから、綿や麻などの天然素材で作られたボディタオルを使用した方が良いと思います。

●シャンプーの洗い残し

髪を洗った時のシャンプーが背中について完全に落ちていない場合があります。
毛穴に詰まることで背中ニキビが出来る原因になるので、しっかりすすぐようにしてお風呂から出るようにしましょう。

■背中ニキビの改善法まとめ

背中ニキビは顔のニキビと違って、外部からの治療に弱い傾向にあります。
ですから、出来てしまった時には薬を塗るようにするか病院へ行って治療することをおすすめします。
背中ニキビ専用のスキンケアをお探しならば、こちらに掲載されているものがおすすめです。
背中ニキビ治し方徹底ガイド l ニキビ跡まで早く治す秘密

以上、『綺麗な背中になろう!背中ニキビの改善法』でした。